疲労臭の原因

疲労臭発生のメカニズム

毎日お風呂やシャワーなどで清潔にしているつもりでも、体からは悪臭を生じている場合があります。

これは体内から生じるアンモニアによる臭いで、「疲労臭」と呼ばれています

普段人間の体の中では、活動することによってアンモニアが発生します。

体力がありスタミナがあれば、発生したアンモニアは肝臓によって分解されて、無臭・無毒である尿素になります。

しかし体力が落ちてスタミナ不足になると、肝臓の機能が落ちてアンモニアの分解処理が低下し、血液中のアンモニアの濃度が上がります

これが汗などで体外に分泌されて、アンモニア臭の原因となります。

疲労臭を引き起こす要因

疲労臭の具体的な原因としては、まずアルコールの飲みすぎや食べ過ぎなどが挙げられます。

大量のアルコールを飲むと、肝臓への負担が大きくなり、アンモニアの処理が追いつかなくなります。

また、メタボ体質の人はもともと肝臓の機能が弱っている可能性があるため、食べ過ぎもアンモニア処理に影響して疲労臭の原因となります。

そのほか、寝不足や運動不足も疲労臭の原因となります。

寝不足は翌日に疲労を持ち越すことになるため、肝臓に大きな負担を与え、結果として疲労臭の原因となります。

運動不足も疲労臭の原因となります。
疲労臭を発生させないためにも、スタミナのある体を作ることを普段から心掛けることが大切です。

加えて運動不足の人は血流が悪いことが多いので、肝臓に必要な酸素や栄養が充分に行き届かず、肝臓の機能が低下することがあるとされています。