肝機能の低下

肝機能が低下すると

疲労臭は、体が疲れることによって肝機能が低下して発生するものです。

人間は活動すると、その際にタンパク質を消費、分解してアンモニアを生成します。

このアンモニアは毒性がありますので、肝臓で無毒の尿素に変換され、腎臓を経て尿となって体外へ排出されます。

ところがこの肝臓の機能が低下すると、アンモニアの分解処理が充分に行えず血液の中に残ることになり、汗などで分泌されて臭いの原因となります。

肝機能の低下には、様々な原因が考えられます。

一般的にスタミナのない、日頃体力に自信のない人に多く見られます

体力がなく、疲れやすい人は、それに伴って肝機能も低下しがちです。

このような人は、普段から運動を心掛けて、スタミナをつける必要があります。
食生活でも、疲労回復とともにスタミナのつく、栄養の豊富な食事を摂ることが大切です。

肝機能低下の原因

睡眠不足の人は、疲労を翌日に残さないように、充分な睡眠をとることが大切です。

アルコールやタバコの過剰摂取も、疲労臭の原因となります。

毎日のように大量の飲酒をしている人は、肝機能がどうしても低下しがちです。

体そのものは疲労していなくても、肝臓の働きが弱っていればアンモニアの処理が充分できず、疲労臭を発生することになってしまいます

喫煙も肝機能を低下させますので、要注意です。

メタボ体質の人は、もともと肝機能が弱っている人もいます。

このような人は生活習慣を正すなどの必要があるほか、肝機能の症状に注意し、定期的に医師の検査を受ける必要があるといえるでしょう。