肝機能低下の要因とは

有毒物質のアンモニア

疲労臭の原因は、アンモニアです。

これは主に私たちが食べたタンパク質が、体内で分解される際に生じるものです。

アンモニアは有毒物質ですので、肝臓で無毒、無臭の尿素に処理されて、尿として体外に排出されます。

ところが、何らかの原因でこの肝臓の処理機能が低下すると、処理されずに残ったアンモニアが血液中に残って循環します

それが汗やガスとなって皮膚の穴から排出され、臭いの原因となるのです。

それでは、疲労臭の原因とされる肝機能の低下を招くのは、どのような場合が考えられるのでしょうか。

多くの場合、その名の通り体が疲労している場合に多いとされています。
疲れると、肝臓の働きも低下するからです。

肝臓に負担を掛けないようにする

これは男性だけでなく女性も同様に現れます。
つまり、疲れやすいスタミナのない人は要注意です。

普段シャワーなどで体を清潔にしている人でも、全く関係なく臭いが生じます。
従って、日頃から運動不足にならないような生活を送ることが必要です

睡眠不足の人も要注意です。
前日の疲労を残したままでいるわけですから、疲れやすくなっているはずです。

そのため、肝臓の働きにも当然影響を及ぼします。

食生活や生活習慣が乱れている人も、疲労臭を発生させる可能性が高いとされています。

脂の多いものなどはできるだけ控えるようにして、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。

多量のアルコールは肝臓の働きに直接大きな負担を与えることになりますので、マイナスになることはいうまでもありません