自分の疲労臭をチェック

疲労臭とオルニチンサイクル

疲労臭は、その名の通り、体の疲労によって発生します。

私たちは食事をすると、タンパク質を分解した際にアンモニアが生成します。

このアンモニアは有害物質ですので、肝臓の「オルニチンサイクル」の働きによって無害で無臭の尿素に変換されて、尿として体外に排出されます。

しかし疲労によってこのオルニチンサイクルの働きが低下すると、アンモニアが変換されずにそのまま血液に残って循環することになります。

これが汗やガスとなって皮膚の穴から放出されて、悪臭となるのです

疲労臭は、男性だけでなく女性も同様に発するものです。

自分で疲労臭をチェックするには

嫌な臭いというものは、知らず知らずのうちに周囲に迷惑をかけている場合が多いものです。
そのため、疲労臭が出ていないかどうか、という点もやはり気になるものです。

しかし、自分の臭いは、自分ではなかなか分かりづらいものです。

一般的に言われているのは、臭いの成分は皮下の浅い部分に動脈が走っているところが出やすい、とされています。

具体的には、首筋などが分かりやすいと言われています。
そのため、枕を匂ってみるのが一つの方法です。

もし枕からアンモニア臭がした場合には、疲労臭が発生している可能性があります。

家族がいる人は実際に嗅いでもらって、臭いがあるか、あるとすればどんな臭いなのかを言ってもらうのが一番手っ取り早いチェック法でしょう。

疲労臭はその原因を探ることで防ぐことができます。
疲労臭以外にも口臭や加齢臭など、他の臭いを発している場合もあります。