家庭で出来る対策

有酸素運動でスタミナをつける

疲労臭は、体の疲れとともに生じる肝臓の機能の低下によって起きるものです。

私たちが食べた物は、内臓で消化されます。
その際、タンパク質を消化するとアンモニアが発生します。

これは非常に有害な物質ですので、肝臓で無害な尿素に処理されます。

ところが肝臓が弱った状態だとこの処理がうまく働かず、血液にアンモニアが残ってしまいます。

この残ったアンモニアが全身の皮膚の穴から抜けることで、アンモニア独特の悪臭を発生するという訳です。

この疲労臭をなくすためには、まず疲れにくい体を作ることが第一です

ジョギングやウォーキングなどを行うことで、スタミナのある体にすることが非常に有効とされています。

家庭でも、エアロビクスなどの有酸素運動が効果があるとされています。

疲労臭を抑える食材

体の疲れをなくすような生活を送るように心掛けることも大切です。
規則正しい生活をして、翌日に疲労を残さないために、睡眠も充分にとるようにします。

過剰なアルコールの摂取は肝機能を弱めてしまいますから、控えるようにしましょう。

疲労臭を抑えるような食材を積極的に摂ることも重要です

オルニチンは肝臓でのアンモニアの処理機能を促進させる働きがあります。
このオルニチンは、シジミに多く含まれていることで有名です。

またクエン酸は、疲労回復を促すことによって肝機能の働きを改善させ、疲労臭を防ぐ効果があるとされています。

クエン酸は黒酢や梅干しなどに多く含まれているといわれています。