オルニチン

疲労臭を防ぐことは可能

疲労臭の原因は、アンモニアです。

これは、食事でタンパク質を多く摂った場合、あるいは激しい運動をした場合などに多量に発生します。

アンモニアは有害物質ですので、肝臓によって無害、無臭の尿素に変わります。

ところが疲労によって肝機能が低下し、さらにアンモニアが多量に発生しますと、このアンモニアの処理が追いつかなくなってしまいます。

すると血液中に残るアンモニアが多くなり、汗やガスとなって排出され、疲労臭となって嫌な臭いを発生させます。

この疲労臭は体の中から生じるものなので、いわゆる制汗剤などでは抑えることはできません

しかし、対策を行うことで疲労臭を防ぐことは可能です

「オルニチンサイクル」を活性化させるオルニチン

そのカギとなるものは、肝機能を上げることです。
そこで挙げられるのが、オルニチンです。

これはシジミやチーズなどに多く含まれているアミノ酸の一種で、肝機能の向上のほか、疲労回復効果もあるとされています。

実際に実験でも、運動による汗や皮膚から発生するガスのアンモニアの増加が、オルニチンを摂取することにより抑制することが証明されています。

つまり、肝臓でアンモニアを尿素に変える「オルニチンサイクル」が活性化することが分かったのです

ただしこの効果を得るためには、目安量としてオルニチンを400~800mg摂取する必要があるとされています。

これをシジミなどで直接摂取するには、大量に食べなければなりません。
したがって、オルニチンを多量に含有しているサプリメントなどを利用すると良いでしょう。