疲労臭 どんな臭い?

体内からでたアンモニアが疲労臭になる

疲労臭という臭いがあるのはご存知でしょうか?

初めて疲労臭と聞く方も多いと思いますが、疲労が溜まると身体からこの疲労臭が出ると言われています。

特に肝機能が低下している時にこの疲労臭は多くでると言われています。

なぜかというと、身体の疲労を回復させているのが肝臓になります。

そして、疲労の原因と言われているのが身体に溜まったアンモニアだと言われています。

身体にたまったアンモニアなどの有害物質を肝臓が分解して、疲労が回復するようになっています。

もしこの時、肝機能が低下していてアンモニアの分解に多くの時間がかかってしまうとアンモニアが汗と一緒に体外にでたり、皮膚からガスとして出てしまいます。

この時に体内からでたアンモニアが疲労臭になると言われています。

疲労臭の臭いはアンモニアの臭いと一緒で、ツンとした臭いで鼻にささる臭いだと言います。

最近ではこの疲労臭に悩まされている方も多くいるようです。

疲労臭を改善するには肝機能を高める

この疲労臭を改善するにはまず、肝機能を高める事をおすすめします。

肝臓は年齢と共に弱っていきます。また、現代の社会人の多くが食生活やストレスから肝臓に大きな負担をかけていると聞きます。

上記でも述べましたが肝臓の機能が低下してしまうと疲労回復に時間がかかってしまいます。

そして、疲労臭が出る事になります。

ですから、肝機能を高め疲労回復を早めれば疲労臭を防ぐ事ができます。

肝臓に良いとされている栄養素はオルニチンというしじみに多く含まれている成分になります。

しかし、普段の食事からオルニチンを十分に摂取する事は難しいと言われています。

そこでおすすめなのがオルニチンサプリを利用する事です。

オルニチンサプリを利用する事でオルニチンをしっかり補う事ができます。

オルニチンをしっかり摂取する事ができれば肝機能を高める事もできます。

そうする事で疲労回復も早くなり、疲労臭が出る事をしっかり防ぐ事ができます。

現在、疲労臭に悩んでいる方は肝臓をサポートしてくれるオルニチンサプリを利用してみてはいかがでしょうか。