二日酔いにも効果があるオルニチン

オルニチンを摂取する事で疲労感が少なくなる

オルニチンには肝臓を労わる働きがあります。

それは普通に生活している時だけでなく、アルコールを摂取した時に効果を発揮するのです。

日本人にはアルコールを分解するための遺伝子がないことはよく知られています。

この遺伝子を持たない人は、いくらお酒に慣れようと定期的に飲酒を試みてもアルコールへの耐性が増えることはないのです。

そんなアルコール分解酵素のない人を被験者として、オルニチンを800mgずつ飲食の前後に摂取してもらい、翌日の疲労度を個人ごとに申請してもらいました。

次に同じ被験者にオルニチンが含まれていない偽の薬を飲食の前後に摂ってもらい、翌日の疲労度を調べました。

最終的にオルニチン摂取時と非摂取時の翌日の疲労感を同一の被験者で比較しました。

その結果、オルニチンを摂取した翌日の疲労感は摂取しなかった翌日と比べて低くなりました。

このことからオルニチンは1度の摂取でも効果的で、お酒を飲んだ翌日のあのもやもやした疲労感が少なくなることが分かりました。

飲む前にオルニチン効果

オルニチン効果は劇的というわけではなさそうですが、お酒が飲めない人にとって地獄のようなあの2日目の辛さを軽減できるのは、どんなに助かることでしょうか。

特に二日酔いにはつける薬がないといわれるだけに、誰に文句を言うこともできずに、これまで辛さを経験してきているわけですから。

もちろん飲まずに済ませられたら一番ですが、会社で働いているとそういったわがままも言えずに耐えるしかなかったわけですからね。

次からは「飲む前にオルニチン効果」ということで、アルコールを飲み始める前にオルニチンサプリを摂取しましょう。

しじみ習慣や、リメイクオルニチンなどがあります。
⇒ ネット通販で人気のオルニチンサプリはこちら