オルニチンが不足するとどうなるのでしょうか

オルニチン不足は慢性的な疲労に繋がる

しじみ効果で注目されているオルニチンですが、不足するとどうなるのでしょうか?

オルニチンの効果として「慢性的な疲労の改善」と「肝機能の健康促進」があるんですよね。

逆に言うと、オルニチンが不足すれば「慢性的な疲労」「肝機能の不健康」が考えられると言えるでしょう。

オルニチンが体内にあればアンモニアを効率的に分解することが出来ます。アンモニアは人体にとって有害な物質ですし、疲労の原因にも繋がるそうです。

身体の疲労感、倦怠感の原因として「アンモニアが上手く分解されないこと」がありますので、しっかりとアンモニアを尿素に分解する必要があるわけです。その機能をオルニチンが果たしているわけですね。

そして「肝機能の不健康」ですが、同じようにアンモニアが関わっています。アンモニアが長時間存在すれば、肝臓の負荷も高くなりますし、結果的に肝臓の不健康に繋がると言われていますね。

他にもオルニチンが不足することで、

・ストレス過多
・二日酔いの症状が残る
・睡眠障害

が起こりやすいとも言われています。

サプリメントでオルニチンを補う

またオルニチンが不足し続けると「オルニチントランスロカーゼ欠損症」という病気になることもあるようです。アンモニアによる疾患ですね。そのため、積極的にオルニチンを摂取することをおすすめ致します

オルニチンを多く含む食品として、シジミ、キハダマグロ、ヒラメ、ハマチ、チーズ、鶏肉、カシューナッツ、ゴマなどがありますが、なかなか意識的に摂取するのは難しいかもしれません。

バランスの良い食事を心がければ自然に摂取できるとは思いますが、忙しい現代人にとって、積極的にしじみを食べるのは難しいんですよね(私も時々お味噌汁で食べるくらいです…)

なのでサプリメントで補うと良いでしょう。今は手軽にサプリでオルニチンを摂取できますし、サプリメントは続けやすいので、気軽に試してみて下さいね。

当サイトでもおすすめのオルニチンサプリを紹介していますので、参考にして頂ければと思います。