オルニチンが不足する原因

偏った食生活はオルニチン不足を招く

オルニチンが不足する原因って何なのでしょう?

オルニチンは体内で自然に作られますが、原料はアミノ酸の一種であるアルギニンです。そしてアルギニンは様々な食物に含まれているんですよね。たとえば、

などが挙げられます。その中でも、比較的多く含まれているのは『シジミ』『エノキタケ』です。

キノコ類に関しては、エノキタケ以外にも、しめじ、エリンギ、マイタケにオルニチンが含まれていますね。そのため、シジミなどの貝類、魚介類、キノコ類をバランス良く摂取することで、オルニチン不足を解消できるのではないでしょうか。

逆に言うと、そのような食材を日頃から摂取していなければ、オルニチンが不足します。それが『オルニチンが不足する原因』ですね。

貝類やキノコ類をほとんど摂取せず、肉類ばかり食べていれば…必然的にオルニチンが不足しますからね。もしも偏った食生活が続いていれば、バランスの良い食事を心がけて下さい。

「シジミやエノキタケを継続的に食べるのは難しいかな…」という場合は、サプリメントによる補充も考えて下さいね。

当サイトでもご紹介していますが、今はオルニチン不足を補えるサプリメントがあります。サプリメントは簡単に飲めるので続けやすいですよね。

お酒を飲む方は要注意です

ここまでお話ししたように、

という考え方が大切ですが、頻繁にお酒を飲む方は要注意です。普段はあまり飲まなくても、年末年始など飲み会が多いシーズンも気を付けて下さい。

アルコールは体内でアンモニアに変わるため、分解作用としてオルニチンが大量に使われるのです。その状況でオルニチンが不足すれば、アンモニアを効率的に分解できず、『慢性的な疲労』『肝機能の不健康』に繋がることがありますよ。

「最近お酒を飲むと疲れが取れない」
「二日酔いの症状が長く残るんだよな」

という場合、オルニチン不足が原因かもしれませんので、意識的に食材やサプリメントで補ってみてはどうでしょうか。

私も30代後半に差し掛かってから、一気に疲れやすくなりました。20代の頃はどれだけお酒を飲んでも、短時間の睡眠でシャキッとしましたが、今はだめですね。そのため意識的にオルニチンを摂取しています。

主にシジミのお味噌汁で補っていますが、シジミって色々面倒だったりするんですよね。料理が得意じゃない、という理由もありますが、お酒を飲んだ翌朝に、

「わざわざシジミのお味噌汁を作るのがつらい…」

と感じることが多いです。そんな私でも、サプリメントなら続けられますし、気軽に試せるんですよね。

食材で摂取するのがベストかもしれませんが、それと共にサプリメントによる補充も考えてみて下さい。