オルニチンは肝臓で解毒を行うアミノ酸

オルニチンは肝臓と密接な関係にあるアミノ酸

肝臓によいと話題のアミノ酸「オルニチン」。

学校の科目で生物をかじったことのある人なら、肝臓で解毒関連のサイクル(オルニチン回路)に関わっていたような…と思い出すのではないでしょうか。

正解です。

オルニチンは肝臓内でアンモニアを尿素に代謝する時に使われ、生合成されるアミノ酸。

体内ではアルギニンを加水分解してオルニチンと尿素を精製しています。

簡単に言うと、オルニチンは肝臓と密接な関係にあるアミノ酸であるということです。

また体内に蓄積されるタイプのアミノ酸ではなく、体内では遊離した状態で血液中を廻っているので、過剰摂取した分は排出され、副作用はほとんどないと考えられています。

アミノ酸の効能

肝臓ではアンモニアの解毒の他にもアルコールの分解、エネルギーの元となるATP(アデノシン三リン酸)も合成しています。

外部からオルニチンサプリメントとして補充することで肝臓での生合成の負担を減らしてやり、アルコール分解などのほかの解毒やエネルギー産生に手を回せるように手伝ってあげることができるわけです。

お酒を飲む人にとってはアルコール分解の手助けをしてくれるアミノ酸ですし、ダイエット中の人にとっては効率的にATP産生を行うことで体内でのエネルギー停滞を防止してくれる夢のようなアミノ酸になるわけです。

もちろんオルニチンサプリを摂取したからといって二日酔いがなくなるとか、あっという間にやせるということはありません。そのことを忘れずに、賢くオルニチンサプリを摂取していきましょう。